FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シチリア南イタリアびっくりb旅行記 シチリア編 3

ピアッツア アルメリーナ
ピアッツァ アルメリーナs
縦横に勾配がついてどこも水平でない階段↑
シチリアの旧市街はたいてい丘の上にあって、坂道と階段だらけ。車の入れないような狭い道をゆくと急に広場に出て、教会などの大きな建物がでんと立っている。


カザレの別荘
 ローマ時代の富豪の別荘、敷地面積3600㎡、大きすぎます。床を埋め尽くすモザイク、モザイク。壁の壁画。毎日宴会をしていたのでしょうか、半端ない部屋数。銭湯のように大きな浴室。ずらりとならんだ湯の焚口。ローマ時代か    ら攻めまくる美だったのですね。ずっと復元作業が続いています。完成時期は未定だそうです。
カザレ中庭s
↑中庭、屋根は仮のもの。  復元途中の部屋↓
復元中カザレs

 昔、年に一度奴隷のまつりがあり、その日は主人と奴隷の立場がそっくり入れ替わったそうです。たくさん奴隷をつかっていたら、その日の主人は大変ですね。だけど奴隷にもそんな日があって、嬉しい風習です。

 カルタジローネ
ゆったりバスを降りておもちゃのようなSL風バスで町の中心へ
汽車型バス (1)

焼き物の町、幅広く急勾配の大階段があって、その両側に焼き物の土産物屋がならびます。モンレアーレの素朴な陶器より、ぐっと色鮮やかで、細やかな絵です。大階段のけこみに貼ったタイルがまた一段ごとに絵が違っています。
大階段s

頂上近くに教会があり、ちょろっとのぞかせてもらいました。信心が生きている感じが山形のお寺と似ています。 
ステンドグラスs
  新しい感じのステンドグラス↑

階段の先は急な下りになっています。坂の一番上が民家の並ぶ道路って、シチリアでは珍しいです。大階段からドゥオモの丸屋根が見下ろせるのも不思議な印象でした。(フフフ・・・すっかりシチリア慣れしたみたいな感想だわ)
↓大階段のタイルと犬。イヌの見ている方向は坂の途中の横道。
タイルの階段と犬s
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

楠田文貴

Author:楠田文貴
生まれてこの方何をしても
波打ち際でアップアップの人生でした。
で、初めてUP(オイオイ)
波をこえてどこまで行けることやら……
 さて、物語の登場人物たちが
やけに幼いと感じたら、それが
作者の今現在です。
どうぞ寛容をもってお読みください。

初めての方へ
初めての方へ はじめまして、このブログを見つけて下さってありがとうございます。 このブログは第三章からになっています。ここから読んでも差し支えありませんが、以前のお話をお知りになりたい時は 第一章、第二章をホームページ 《れんげ畑と古の森》 に収録してありますので、そちらをご覧ください。 また、古い記事が上になっています。上から順に読み進めていただけます。 お楽しみいただけたら幸いです。 なにかお気づきのこと、ご感想などございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。
 目次
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。